急性精巣炎になったら泌尿器科へ行こう

病気になったときに、病院へ行くのはやっぱり安心することはできます。
ただ、通院や手術など費用もかかりやすくなります。
お子さんや高齢者がいる世帯だと、病院代も結構かかったり、手間もかかってしまい大変でしょう。

また、普段知らない症状が出たときには、どの科を受診したらと悩むこともあるでしょう。
病院選びもその症状を完治させるためにも、また再発せぬようにするためにも、いいところを選ばないといけません。

急性精巣炎は泌尿器科で受診をしよう

大人の男性がおたふく風邪になった場合、なおったあとにしばらくしてから、精巣(睾丸)が腫れてくるケースがあります。
時々はおたふく風邪とかにならなくても、徐々に腫れてくることもあります。
このような症状はあまり、馴染みのない症状でしょう。

急性精巣炎や慢性精巣炎といった病気です。ウイルスや細菌が精巣に観戦した結果、発症した病気なのです。ですので、そのまましていてはいけません。

泌尿器科を受診するとよいでしょう。確かに恥ずかしいと思うかもしれませんが、痛みはもちろん発が出ることもあり、普段の生活もなかなかできなくなります。
早めの受診がやっばり早期完治への近道なのです。
ときには、性病の細菌などから起こされる可能性もあるので、検査してもらった方がいいとも言えます。

身なりや下着も清潔にして泌尿器科の検査を受ける

大抵の泌尿器科であれば、見てまらえます。
とはいっても、内科のようなあちこちにすぐにということもない地域もあるでしょう。
また普段はあまりいかないので、大丈夫なのかと気になるかもしれません。

ネットを使うと、急性精巣炎や泌尿器科のキーワードで検索できるのでそこから選ぶといいかもしれません。また、泌尿器科も外来しやすいように、個室での受診やスタッフも男性がいるところなどもあるので、気になるかたはそちらを選んだ方がよいでしょう。
確かに精巣の検査で、触診もあるので、泌尿器科のサイトで先生を確認した方がいきやすいかもしれません。

泌尿器科では、問診の他にも検査で検尿やエコー、触診等を行います。身なりや下着も清潔にしてから行きましょう。
あとは、抗生物質や胃腸薬などが処方されます。症状により、注射や解熱剤の処方もしてくれます。
1週間から10日ほどで完治に向かうでしょう。