急性精巣炎の診察やその問診や検査状況とは

急性精巣炎になってしまっとやはり人には言えずに、恥ずかいと思う人が多いでしょう。 しかし、睾丸の病気も珍しくはありません。ときにはがんなどの可能性もあるので今ではしっかりと治療しておくことが必要です。

泌尿器科ではプライベートも守られる

普段は、泌尿器科にいくなんてことはほとんどないでしょう。
高齢者になってくるの、機会も増えていくようですが若い男性だとないでしょう。また入ることを見られてると、恥ずかしいと思うこともあるかもしれません。

看護士や病院の先生が、女性だと恥ずかしいと思うなんて男性も多いかもしれません。
しかし多くの病院では、やはり男性の医者が多いです。女性の看護師もいますが仕事として接してくるんで変に感じることは必要ありません。

もちろん診察も個室で行われますし、隣の部屋に聞かれる心配もないので複数の医師がいる病院も安心して行けると良いでしょう。
プライベートも守られるようになっています。

エコー診察や血液の流れにより炎症だと気づく場合も

気になる診察でまず、問診を行います。この時に睾丸がどのような状態になっているか、またいつ頃から発症したのか、傷みますや発熱などはあるのかなどか聞かれます。

実際に睾丸の状態を見たり、触診することもあります。この時もカーテンで仕切られたり作るので恥ずかしがる必要はありません。このときに、エコーをとることもおおいです。見た目でにも赤みがかったしてますので、分かりやすいではありますが、さらにエコーを取ると血液の流れが激しくなってるの分かるのでより炎症だとわかるようです。

あとは、検尿や血液検査も行います。
これにより他の病気でないか確認したりすることもできます。

最終的な問診で、急性精巣炎と診断が出れば、その症状の原因やさらに治療の説明を詳しく先生が述べてくれます。

薬はどのくらいの期間飲むのかまた自宅での対処法についても述べてくれるでしっかりと覚えておきましょう。なお、薬の服用で、急性ならばすぐに改善されてきますので、服用も守っていきましょう。