普段からコンドームを装着することで急性精巣炎予防になる

風邪を引いたり、頭痛や胃痛がしたりと、少しのことでも体調を崩しやすいもなのです。
炎症も、喉を炎症するなど実は身近なものと言えます。

精巣も炎症を起こしてしまうもの

精巣(睾丸)も炎症を起こすことを知っていましたか。睾丸を持っている男性ですが、実は知らないなんて男性も多いものです。
炎症といってもすぐに治るでしょうと思っていませんか。風邪などのような軽い感覚で気にしていない人も多いでしょう。

ところが時には不妊の原因になるといった重いリスクを背負う可能性もえるのです。言われる無精子症を起こしてあるからです。ですので、
急性睾丸炎は、男性にとっては大変な病気なんです。

まずは、かからないことと、かかってしまった場合は速やかに対処することが必要なのです。

急性精巣炎ってあらかじめ予防できるのか

実は急性精巣炎も、単独でかかるというよりも他の病気になったから、そこから炎症が起こるというパターンが多いようです。風邪などのように簡単に発症するというものではありません。
ですので始め予防をがけておけば、発症を避けられる可能性は高いのです。

その予防としては、炎症の引き金になりやすいおたふく風邪を予防しましょう。
おたふく風邪も子供のころにかかるものと思ってまいませんか。実は大人になってから、かかる男性も結構いるものです。おたふく風邪の原因の菌が、睾丸まで感染するケースも多いからです。

おたふく風邪予や性交渉に気をつけていこう

ですので、まだおたふく風邪になったことがないという男性は、おたふく風邪の予報を努めましょう。子どもがいる家庭であれば、子どもがおたふく風邪になったら近づかない、さわらないといった対処や手洗いやうがいを意識しましょう。おたふく風邪の子どもと同じタオルや食器などを使わない、マスクを子どもにさせる、自分もするなどしておきましょう。

予防接種もかなり効果的です、

忘れていけないのは、大人であれば性交渉も多いはずです。
そこで、コンドームをつけることで、性病防止になります。性病からの急性精巣炎も起こり得ますので、コンドームをつけることも予防に繋がっていくのです。