男性の生殖活動の発展のためにも精巣はきちんと調べておく

男性にとって精巣は、大切な臓器です。生殖に関する部位であり、大人になってからは子作りのためにも必要となってきます。

しかし、そんな精巣もウイルスなどにより精巣が炎症を起こすことがあります。これが急性精巣炎なのです。そこから無精子症となることもあります。それを考えると炎症とはいえ、対処をしっかりとしなければなりません。
ここでは、急性精巣炎についても知っていきましょう。

精巣があったこそ女性の妊娠も可能

精巣は精子を作る大切な臓器です。精子が作られることで、女性との性交渉により、女性が妊娠することもできるのです。最近では無精子症の認知も広まるにつれて、より精巣についても知識も広まっています。

精巣で作られた精液自体は、健康な精子の精液と無精子症では、区別はできないそうです。

なかなか奥さんが妊娠できない場合、奥さんの体質が悪いとも考えられ勝ちですが、男性の方に問題があることも多いのです。不妊治療とは女性の方ばかりでなく、男性も女性と一緒に治療を進めていくことになっています。治療を進める一環として、男性の精液を採取しております。これで、治療方針も変わってくるのです。

精巣が急に炎症がおこることもある

精液や精巣もこのように以前よりも、治療を行われたり、注目されるようになっています。
そんな精巣も体の他の部位のように、炎症を起こすことは知っていますか。体の内部にあり、精巣自体が体の外に触れることはありません。

ところが、おたふく風邪など細菌が体感染した場合、それが精巣にまできてしまうことがあります、精巣が炎症をは、実は単独でなってしまうことは少ないようです。

例えば子供の頃のおたふく風邪は不安はありませんが、大人になってからのおたふく風邪から急性精巣炎になってしまってもしばしば起こりうるのです。

また、クラミジアや淋病など性病からさらに精巣が炎症をを引き起こすことも確認されています。

他の病気にかかったときほと、実は精巣に注意が必要なのです。

普段の生活から細菌の感染に気をつけておく

原因を知ってみると、急性精巣炎は普段の生活で、細菌やウイルスに感染してなければ、なかなか発症するものではありません。

クラミジアや淋病など、性病にかからないためにもコンドームをつけたり、不特定多数の女性との性交渉をさけるといったことも大切でしょう。