精巣(睾丸)の病気は恥ずかしいという男性へ

精巣の変化も普段の生活の中ではなかなか気づきにくいものです。いきなり炎症や痛みなどを感じてしてしまってから、初めて病気にかかってしまったとわかることが殆どです。

性病と勘違いされる場合もある急性精巣炎

やはり精巣(睾丸)の病気も、性病と勘違いされてしまうこともあります。
性病の初期の頃だと病院行かず、そのまま大丈夫だろうと放ってしまう男性も多いものです。
精巣炎自体は、性病ではありませんし、また急性のものと慢性のものがあります。治療が長引く可能性もあるので早めに受診しておくことが必要です。

また若い頃にかかってしまった場合、精子が出来る事に影響してしまう恐れがあります。そうなんと将来パートナーとの不妊のリスクも高まってしまいます。

炎症自体も長引いたりすると、体に痛みを感じたり、また排尿などに影響するかもしれません。普段の生活に支障をきたしますので、やはり恥ずかしがらずに早めに治療に向かいましょう。

急性精巣炎の症状はどうなものがあるのか

昨日まで精巣(睾丸)は何ともなかったのに、急激に腫れ上がってるすることがあります。
また、
赤みを帯びると言った見た目の変化が起こることもあります。
見た目の変化だけでなく、さらに違和感を感じたりまた激しい痛みを伴うことがあります。

これが急に発症してしまうので、急性精巣炎と言われるのです。
また、下腹部自体にも、痛みが広がるケースのあるです。あと発熱するケースもあるようです。

まずは、睾丸炎の変化に気をつけましょう。

睾丸の病気なんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、やはりに泌尿器科に行くのが一番です。ただし、発症の引き金となっているのがおたふく風邪やクラミジアや淋病などの性病などの可能性があります。

おたふく風邪の場合には、先に内科を受診しての治療を進めましょう。クラミジアなどの性病の場合は、やはり泌尿器科を受診して治療を進めています。

どちらにしても単独で、自力で治療するのはかなり困難でしょう。
ネットで症状を調べておくのもいいことですざ、病院で適切な治療を進めるようにしましょう。