急性精巣炎の発症で引き起こす様々なリスクとは!?

普段の生活において、精巣(睾丸炎)を意識することもがありません。とはいっても、やはり生殖のためには必要な大切な部位です。

そんな大切な部位も、ときには病気になるのです。なかなか病気にはならない部位なので不安に感じる率も高いところです。それもあまり、精巣に絡む病気の知識がないからといえるでしょう。

突然精巣が腫れ炎症を引き起こす怖い病気

あなたも、突然精巣が腫れてしまったり、赤みを帯びることがあるかもしれません。ときには、前後に発熱を伴う
ケースもあります。

体験談をよく見ると、発熱をしてから精巣が腫れたことに気づいた人も多いです。そして病院へいって診断されてから、この病気のことが分かったという人も多いようです。

確かに普段聞きなれませんし、ついつい精巣の病気と聞くと、性病を連想してしまいます。
確かに性病から引き起こされることもありますが、そうでなく炎症を引き起こされるので、変な誤解をする必要はありません。

また、周りの人も本人同様に誤解をする必要もありません。
男性ならば、かかる可能性は十分にえるのです。

子供のころにかかったかで発症が左右される

急性精巣炎も、かかりやすさに個人差があります。
男性によってはまたかかる率が低い男性もいれば、その一方でかかる可能性が高い男性もいるのです。
それは、おたふく風邪にかかったかどうかです。

この病気は、ムンプスウイルスが原因の一つとされています。このムンプススウイルスはおたふく風邪の原因となってます。
ウイルスなのですが、子供の頃にかかったという人も多いでしょう。また予防接種をしたという人も多いでしょう。
大抵は一度かかるとそれ以降は、ほとんどかかりません。

しかし、かからないまま、大人になった場合特に注意が必要です。
おたふく風邪の1週間ほど後から、炎症起こす人が多いからです。実に30%ほどの確率と言われています。

急性精巣炎のきっかけが無精子症を起こすかも

この病気も薬を服用していれば、1週間から10日ほどで治る病気です。

確かに熱が出ることもあり、時が痛みで動けないと言ったこともあるようです。痛みを伴うので、普段の生活に支障は出るでしょう。
仕事をしてる男性にとっては、会社や仕事を休みまないといけないこともあるといったリスクを背負うでしょう。
ときには、冒頭でもかいたような変な誤解のリスクもあります。

その他に大きなリスクとして、この病気がきっかけとなって無精子症を起こすリスクがあるのです。無精子症になると、不妊の原因となってしまいます。おたふく風邪が大人の男性には、危ないと言われる理由も実は、おたふく風邪から炎症を引き起こすからということなのです。
おたふく風邪自体ではなかったのです。

ただし、適切な治療をすることがまずは必要ですし、リスクについては医師の診断をしてから判断することが必要です。